ここから本文です

東武特急がJRの那須塩原へ 特急「スペーシア那須野号」6月に初運転

乗りものニュース 4/21(金) 15:55配信

「スペーシア」栗橋~那須塩原間に初乗り入れ

 JR東日本大宮支社は2017年4月20日(木)、東武鉄道100系「スペーシア」を使用した特急「スペーシア那須野号」を、大宮~那須塩原間で1往復運転すると発表しました。

 2018年春に控えた観光キャンペーン「『本物の出会い 栃木』デスティネーションキャンペーン」のプレ企画の一環として、東武鉄道と協力し、普段は走らない区間を「スペーシア」車両が走ります。概要は次のとおり。

●運転日
 6月24日(土)
●運転時刻
・下り
 大宮8時32分発→那須塩原10時22分着
・上り
 那須塩原16時51分発→大宮18時50分着
・途中停車駅
 久喜、小山、宇都宮、宝積寺

「スペーシア」は普段、東武線内の浅草~東武日光、鬼怒川温泉間などを走るほか、JR線に乗り入れて新宿~鬼怒川温泉間を結んでいます。

 今回は、大宮~那須塩原間のうち、東武日光線とJR東北本線(宇都宮線)が接続する栗橋から那須塩原までが初めての乗り入れ区間です。当日は大宮駅での出発式開催や車内での記念乗車証プレゼントなどが予定されています。

 乗車には乗車券のほか、指定席特急券が必要です。乗車日1か月前の午前10時から、JRの駅にある「みどりの窓口」やおもな旅行会社などで発売されます。

乗りものニュース編集部

最終更新:4/21(金) 16:18

乗りものニュース