ここから本文です

“ラッパーデビュー”女子プロレスラー松本都、ライムスター宇多丸の前でフリースタイル披露

AbemaTIMES 4/21(金) 12:08配信

女子プロレスラーの松本都(アイスリボン)といえば、かつて所属選手が自分だけの団体『崖のふちプロレス』を旗揚げ、最近では出家を宣言して『新興宗教 崖のふち教』を作ったと思いきやすぐにやめてみるなど、活動ぶりが独自すぎてファンを置いてけぼりにすることでおなじみだ。

そんな松本都が、3月の後楽園大会で「ラッパーになります!」と宣言。アイドル、アーティストが多数出演する4月24日の「アイスリボンフェスタ」(後楽園ホール)で、スペシャル6人タッグ戦に挑むことになった。
そのカードとは

サイプレス上野&葛西純&松本都a.k.a.DJ Miyacoco
vs
ノリ・ダ・ファンキーシビレサス&真琴&hy4_4yh

人脈をフル活用して「フリースタイルダンジョン」のモンスターでも知られる人気ラッパー・サ上をブッキングしてみせた松本都。ラッパー宣言したわりにDJ Miyacocoを名乗るなど微妙なところもありつつ、「プロレスとフリースタイルラップバトルの融合」を掲げ、やけに豪華な対戦カードが決まった。

しかし、この試合がプロレスなのかフリースタイルバトルなのか、決着はどのようにつけるのかは未定。4月18日の記者会見の時点でも「その場の流れで」としか説明されず、同席した真琴も戸惑うばかり。
そんな真琴をフリースタイル(に見せかけて事前に考えていたっぽいラップ)でdisってみせた松本都。しかし真琴も「ラップは分からないので五七五で」逆襲。
「みやここの ふりふりワンピ アイタタタ」
松本都(年齢非公開)のファッションをぶった切った真琴は、前回の後楽園大会にゲストで登場した大槻ケンヂから「チェキを撮りたい」と言われており、4.24後楽園大会ではオーケンとのチェキ会が実現するかにも注目だ。

また松本都は19日、サ上も出演する「ライムスター宇多丸の水曜THE NIGHT」(AbemaTV)に登場。持ち前の強心臓ぶりを発揮し、日本語ラップのレジェンドである宇多丸の前でフリースタイルを披露。ラッパーとしてのデビュー戦に向け、不思議と勢いづいている。

1/2ページ

最終更新:4/21(金) 12:08

AbemaTIMES