ここから本文です

現代の若者に教えたいローマ一筋25年! レジェンドにハジ氏「若手に手本示してる」

4/21(金) 15:30配信

theWORLD(ザ・ワールド)

現代では珍しいケース

ローマ一筋で40歳を迎えているFWフランチェスコ・トッティは、現代では非常に珍しいタイプの選手と言える。最近はタイトルを獲得できるクラブに移籍したがる選手が多く、1つのクラブに何十年も所属するケースは少ない。トッティもローマでは多くのタイトルに恵まれたわけでもないため、移籍を決断してもおかしくはなかった。それでもここまでローマ一筋で続けている。

”15歳の久保”が決めたスーパーゴールにスペイン紙も注目

そのトッティを称賛しているのが、元ルーマニア代表のゲオルゲ・ハジ氏だ。伊『Calciomercato』によると、同氏はトッティが若手選手のお手本になると主張。選手としてのキャリアを終えたとしても、指導者など別の形でサッカーに関わっていくことを求めている。

「トッティはとてつもなく素晴らしいフットボーラーだ。彼はサッカーを愛するということがどういうものか全ての若手選手に示しているよ。彼は反抗的な若者にとっての手本であり、アイドルだ。トッティはサッカーと近いところにいなければならない。今はピッチの主役、次は他者がそうなれるように教えないと。もし彼がディレクターとして新たな経験を積むことを選ぶなら、彼はローマに新しいトッティを連れてくることが仕事になるだろうね」

トッティは今でも出場すれば特別な違いを生むことができ、ベテランになっても能力は高い。さらに1人の人間としても尊敬すべきところがあり、現代の若手選手のお手本としてもふさわしい存在だ。ハジ氏はサッカー界から離れるべきではないと主張しているが、トッティは今後どのような形で関わっていくことになるだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

Yahoo!ニュースからのお知らせ