ここから本文です

横浜DeNAラミレス監督 9回2死からの同点弾浴び「これが野球」

AbemaTIMES 4/21(金) 22:32配信

 横浜DeNAが4月21日、対中日4回戦に2対2で引き分けた。アレックス・ラミレス監督(42)は、9回あとアウト1つで勝利という場面から引き分けになったことに「これが野球」と振り返った。インタビューの内容は以下のとおり。

―9回あと1人というところでパットンが同点ホームランを打たれた

 本当にあと1球だった。だが、(中日の)平田はリーグでもベストのバッター。ストライクゾーンに行ってしまった。これが野球だと思う。

―同点に追いつかれた後は救援陣がよく頑張った

 リリーフ陣は非常によくやった。点が取れなかったが、引き分けで終われたのでよかった。

―先発のウィーランドが好投した

 本当に非常にいい仕事をした。援護をしてあげられなかったが、8回115球で9三振。非常に素晴らしい投球を見せてくれた。

最終更新:4/21(金) 22:32

AbemaTIMES

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合4/24(月) 6:45