ここから本文です

西武・菊池が日本ハムに“準ノーヒットノーラン” 1安打12Kの快投で完封勝利

4/21(金) 21:15配信

Full-Count

秋山が2本塁打を含む3安打、中村は5号2ラン含む2安打3打点

 西武の菊池雄星投手が21日、本拠地での日本ハム戦で1安打2四球12奪三振の快投で、今季初となる完封劇を演じた。

 菊池は初回に先頭の西川にライト前ヒットを許し、三塁まで進まれたが無失点に抑えると、ここから圧巻のピッチングを披露した。初回1死以降は、4回1死から近藤に四球、7回先頭で同じく近藤に2つ目の四球を与えただけの“準ノーヒットノーラン”。日本ハム打線に付け入る隙を与えなかった。

 マウンド上のエースを打線が援護。初回に秋山が今季1号先頭打者弾を放つと、無死一、三塁から中村が犠飛で1点を追加。3回には中村が5号2ラン、4回には源田、浅村の連続適時打で2点、6回には秋山がこの日2本目のソロ弾、8回には浅村の2点適時打と畳みかけ、日本ハム投手陣から9点を奪った。

 エースの快投で2連勝を飾った西武に対し、日本ハムは手痛い6連敗を喫してしまった。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:4/21(金) 21:17
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/25(日) 11:40