ここから本文です

パ史上7人目、28年ぶり珍記録! 西武・菊池が先頭打者のみの1安打完封

4/21(金) 22:58配信

Full-Count

初回、西川に右前打を許して以降はノーヒット

 パ・リーグでは1989年以来となる史上7人目の珍しい記録が生まれた。

 埼玉西武の菊池雄星投手が、4月21日の北海道日本ハム戦で1安打完封勝利。これだけでも誇れる結果だが、初回の先頭打者・西川選手のみに安打を許し、その後は四球や失策などで走者を出しながらも安打を許さない投球。“初回先頭打者の安打のみの1安打投球”は、パ・リーグでは実に28年ぶりの記録となる。

【ハイライト動画】“1安打完封勝利“を記録した西武・菊池雄星

 開幕戦の白星以降、力投を見せるも勝ち星がつかず、3試合ぶりの勝利を目指して臨んだマウンド。初回の先頭打者・西川選手に安打を許し、犠打と内野ゴロで2死三塁。いきなりピンチの場面を迎えるが、4番・レアード選手を外角低めのカーブで打ち取って無失点に抑え、直後の打線の援護を呼び込む。

 2回、3回は150キロ前後の直球と、大きく変化する多彩な変化球で共に3者凡退に仕留める。4回はわずかに低めへ外れる四球で走者を背負うも、後続を封じて無失点。5回、6回の2イニングスでは4三振を奪い、尻上がりに調子を上げていった。

 エースの好投に刺激を受けた打線は、6回までに7得点。強力な援護に背中を押された菊池投手は、「初回からバランスよく投げられている」と土肥投手コーチが語ったように、終盤に突入しても、崩れることなく好投を続けた。

 菊池投手は130球を超えた9回のマウンドにもそのまま上がり、150キロ台の直球を連発するなど疲れ知らずの投球で、この試合5度目となる3者凡退を達成。試合を最高の形で締めくくり、開幕戦以来の今季2勝目を手にした。

 お立ち台では「めっちゃ気持ちいいです」と喜びを口にしつつも、「チームの状態がいいので、このままの調子で頑張ります」と、すぐに次の登板を見据えた。昨季までのエース岸投手がFAで楽天に移籍し、25歳左腕に芽生えたエースの自覚。今季は自身初のタイトル獲得、そして2008年以来のチームの優勝を目指す。

「パ・リーグ インサイト」編集部 松下雄馬

最終更新:4/21(金) 22:58
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/21(月) 1:00