ここから本文です

架空外注費で1億7,000万円脱税

ホウドウキョク 4/21(金) 18:52配信

東京駅の改修工事などで業績を伸ばしていた会社と社長が、およそ1億7,000万円を脱税した疑いで、東京国税局から刑事告発された。
告発されたのは、東京・墨田区の「東新工業」と、小泉文之社長。
小泉社長は、取引先にうその請求書を作らせ、外注費を計上する手口などで、およそ5億2,000万円の所得を隠し、法人税と消費税、あわせておよそ1億7,000万円を脱税した疑いが持たれている。
東新工業は、東京駅のホームの屋根に太陽光発電パネルを設置する工事などで、業績を伸ばしていた。
小泉社長は、FNNの取材に対し「修正申告と納税は済ませた」と述べたうえで、「先行きが不安で、お金を蓄えておきたかった」と話している。

最終更新:4/21(金) 18:52

ホウドウキョク