ここから本文です

「原発いじめ」教育長らの処分発表

ホウドウキョク 4/21(金) 21:29配信

福島第1原発事故で、避難してきた児童がいじめを受けていた問題で、神奈川・横浜市は、教育長に対する処分を発表した。
また、市の教育委員会は、当時の学校教育事務所長を戒告処分とするなどした。
横浜市の林 文子市長は21日、原発事故で避難してきた児童が、いじめを受けるなどした問題で、適切な対応をとらず、学校・教育行政全体の管理監督者として、組織マネジメントが不十分だったとして、岡田優子教育長を文書による厳重注意処分にした。
また、市の教育委員会は、当時の学校教育事務所長2人を戒告処分とし、当時の校長に対しては、退職していることを理由に、戒告相当とするなど、6人を処分した。
処分を受け、岡田教育長は「再発防止策を着実に実施し、組織力の向上や、教師の指導力の向上に取り組む」としている。

最終更新:4/21(金) 21:29

ホウドウキョク