ここから本文です

伊野尾慧、山本美月のパンチラに胸キュン?「パンツ選んだので」山本も自信

4/21(金) 11:58配信

クランクイン!

 伊野尾慧が、山本美月、永野芽郁、真剣佑、本仮屋ユイカ、水上剣星、升毅、菊池桃子、神徳幸治監督と共に、20日に都内で実施された映画『ピーチガール』の完成披露試写会に出席。胸キュンしたシーンを聞かれた伊野尾は、山本のパンチラシーンを振り返り、「同世代の男子は、めっちゃキュンキュンすると思います」と語った。

【関連】『ピーチガール』完成披露試写会フォトギャラリー


 ギャル風な外見ながら中身は超ピュアな女子高生の安達もも(山本)が、中学時代から片思いをしているとーじ(真剣佑)、高校一のモテ王子・カイリ(伊野尾)、ももの欲しがるものを何でも手に入れなくては気が済まない小悪魔・沙絵(永野)と織りなす恋模様を描く本作。最も胸キュンしたシーンを聞かれた山本は、「とーじと下校してて、カイリがちょっかいかけてきて、とーじが引っ張って『俺のだから!』って言うところが、キュンキュンです」とにっこり。

 これを受けた伊野尾は、そのシーンの撮影がクランクアップの日だったことを振り返り、「最後の最後でとーじに取られて、映画の撮影自体が終わった。個人の気持ちとしてはちょっと寂しかったです」と悔しさを滲ませ、「個人的には、ももちゃんのスカートがバッとめくり上がるシーンが。同世代の男子は、めっちゃキュンキュンすると思いますよ」ともコメント。これを聞いた山本は「私、ちゃんとパンツ選んだんで。私初めてパンチラしました」と続けて会場を沸かせていた。

 一方、永野は「ちょっと変えていいですか(笑)」と前置きし、楽しんだというシーンを紹介。「伊野尾さん演じるカイリに、めちゃくちゃ暴言を吐くんですけど…めっちゃ楽しかった(笑)」と明かし、「すごい不愉快だろうなと思いながらも、『こんなこと言えること、なかなかない!』と思って(笑)。いっぱい言わせていただきました。気持ち良かった」と笑顔で振り返っていた。

 映画『ピーチガール』は5月20日より全国公開。

最終更新:4/21(金) 11:58
クランクイン!