ここから本文です

TM NETWORK「GET WILD」avex Edition配信! 桃井はるこ/デイヴ・ロジャースらカバーも

Billboard Japan 4/21(金) 12:20配信

 TM NETWORKの「Get Wild」発売30周年記念でリリースされた『GET WILD SONG MAFIA』より、TM NETWORKがavex traxに所属してからの楽曲をまとめた『GET WILD 30th Anniversary Collection - avex Edition』の配信が2017年5月3日に決定。TM NETWORKデビュー33年目の4月21日よりiTunesではプレオーダー&先行配信もスタートする。

「GET WILD」avex Edition 関連画像

 2012年の再始動から発表されてきたライブ音源や新バージョンの「GET WILD」を中心に、デイヴ・ロジャースやglobe、Purple Daysなどのカバー、そして『GET WILD SONG MAFIA』に収録され、配信が熱望された石野卓球やシック・インディビデュアルズのリミックスも今回初配信。さらに、「アキバ系」文化の牽引者的存在で声優、音楽プロデューサーとしても活躍する桃井はるこのカバーも今回初配信となる。

 兼ねてから『GET WILD SONG MAFIA』にも“なぜ桃井のカバー(『Sunday early morning』(2008)初回盤ボーナストラックとして収録)が収録されないのか?”と、SNSなどで反響のあった楽曲なだけに、今回配信アルバムの収録に対し桃井は「中学生の頃、横浜アリーナで聴いた生「GET WILD」がわたしのライブ体験の原点。時間を遡って当時の自分に教えてあげたいくらい光栄です!(TMだけに)」とコメントを寄せた。



◎リリース情報
配信『GET WILD 30th Anniversary Collection - avex Edition』
2017/05/03 DIGITAL DISTRIBUTION
※iTunesプレオーダー&先行配信 4/21~
URL:http://apple.co/2owaasq
1,800円

<収録内容>
01: Get Wild(“Incubation Period” Version)[2012/4/25 日本武道館](※)
02: Get Wild(“FINAL MISSION -START investigation-” Version)[2013/7/20 さいたまスーパーアリーナ]
03: GET WILD(2013 SUMMER)
04: Get Wild 2014
05: Get Wild 2014(“the beginning of the end” Version)[2014/5/20 東京国際フォーラム](★)
06: Get Wild 2014(“30th 1984~ QUIT30” Version)[2014/12/10 東京国際フォーラム](★)
07: Get Wild 2014(“QUIT30 HUGE DATA” Version)[2015/2/8 さいたまスーパーアリーナ](★)
08: Get Wild 2015 -HUGE DATA- (★)
09: Get Wild 2015(“30th FINAL” Version)[2015/3/22 横浜アリーナ](★)
10: Get Wild / Dave Rodgers
11: Get Wild(GET WILD MEETS TECHNO STYLE Version)/ Dave Rodgers
12: Get Wild / 桃井はるこ
13: Get Wild / globe
14: Get Wild / Purple Days
15: GET WILD '89 [2012/8/11 FREEDOMMUNE 0] / TETSUYA KOMURO
16: Get Wild(Metal Machine mix)/ globe
17: Get Wild(2016 Remode2)/ globe
18: GET WILD 2017 TK REMIX
19: GET WILD(Takkyu Ishino Latino Acid Remix)(※)
20: GET WILD(SICK INDIVIDUALS Remix)
21: GET WILD(Dave Rodgers Remix)
22: GET WILD(Takkyu Ishino Latino Remix)
★:iTunesアルバムオンリー配信
※:アルバム内先行配信楽曲

最終更新:4/21(金) 12:20

Billboard Japan