ここから本文です

三塁踏めず完封負け ミリスタ、富山に0-9

北國新聞社 4/21(金) 2:33配信

 ルートインBCリーグ(20日)石川ミリオンスターズは高岡西部総合公園野球場で富山GRNサンダーバーズと今季初めて顔を合わせ、投打に精彩を欠いて0―9の完封負けを喫した。

 石川は6試合を終え、1勝4敗1分け。西地区で最下位に低迷している。

 一、二回の先制機を逃した石川は二回裏に先発の多田野が痛打を浴びた。先頭長江右前打、沢田四球、中村中前打の無死満塁と攻められ、2死とした後、河本に走者一掃の左中間三塁打を許し、さらに青木の失策から加点された。

 三、六回に多田野と2番手の飯野がともに長打を足場に加点され、八回には4番手の有吉がジョニーに右中間に適時二塁打を運ばれるなど点差は広がるばかり。打線は三回以降、途中出場の安井とアセンシオが放った2安打と5四死球で出塁しただけで、三塁を踏めないまま敗れた。

 石川は21日午後6時から長野県営上田野球場で信濃グランセローズと対戦する。

北國新聞社

最終更新:4/21(金) 8:42

北國新聞社