ここから本文です

輪島市、空き家の管理で協定

4/21(金) 16:28配信

北國新聞社

 輪島市は21日、市シルバー人材センター、輪島商工会議所と空き家の適正管理協定を締結した。空き家の見回りに加え、所有者の依頼を受けて庭木のせん定や敷地の除草、家の管理などを行う。

 市役所で梶文秋市長、坂口茂シルバー人材センター理事長、里谷光弘商工会議所会頭が協定を交わした。梶市長は「空き家を適正に管理することで移住者向けに活用していきたい」とあいさつした。

 除草や清掃などはシルバー人材センターが行い、高所作業や専門的な作業は商工会議所が業者を紹介する。市の空き家データベースには現在39件登録され、適正管理により登録物件を増やしたい考えである。

北國新聞社

最終更新:4/21(金) 16:28
北國新聞社