ここから本文です

マンU、ラッシュフォード弾で延長戦制しEL4強入り…イブラ&ロホが負傷交代

SOCCER KING 4/21(金) 6:32配信

 ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝セカンドレグが20日に行われ、マンチェスター・Uとアンデルレヒトが対戦した。

 第1戦は先制したが、土壇場で追い付かれて1-1の引き分けに終わったマンチェスター・U。ホームでの第2戦は、ズラタン・イブラヒモヴィッチ、マーカス・ラッシュフォード、ポール・ポグバ、ジェシー・リンガード、GKセルヒオ・ロメロらがスタメン入り。欠場が続いていた主将のウェイン・ルーニーはベンチに復帰した。

 試合は開始10分、マンチェスター・Uが先制した。カウンターでポグバの鋭いスルーパスを受けたラッシュフォードがペナルティエリア左から中央へ折り返す。これは相手DFにブロックされるが、自らこぼれ球を拾って再び中央へパス。走り上がったヘンリク・ムヒタリアンが右足を振り抜き、シュートをゴール左隅に突き刺した。ムヒタリアンは第1戦に続く、EL2試合連続ゴールとなった。

 先制で勢い付くマンチェスター・Uは12分にポグバが右CKからヘディングシュートを放ち、13分にはリンガードがエリア手前左からミドルシュート。両方とも枠の隅を捉える強烈なシュートだったが、いずれも相手GKの好セーブに阻まれた。19分、マルコス・ロホが相手との接触で左足首を負傷し、倒れ込み試合が一時ストップ。

 プレーを再開させたロホだったが、直後の21分にセカンドボールをクリアし切れず、フランク・アチェンポンにGKと1対1のチャンスを許す。これはGKロメロがセーブしたものの、ロホはプレー続行不可能となり、デイリー・ブリントとの交代を強いられた。

 主導権を握っていたマンチェスター・Uだったが、32分に試合を振り出しに戻される。ユーリ・ティーレマンスがエリア手前左から放った強烈なシュートはクロスバーに弾き返されたが、こぼれ球をゴール前のソフィアヌ・アンニに押し込まれて同点とされた。前半はこのまま1-1で終了した。

 後半に入ってマンチェスター・Uは49分、ルーク・ショーがエリア内左の深い位置まで進入し、グラウンダーの折り返しを入れるが、ゴール前に飛び込んだリンガードにはわずかに合わない。60分、リンガードを下げてマルアン・フェライニを投入した。65分、イブラヒモヴィッチの落としを受けたラッシュフォードが、エリア手前中央から右足シュートを打つが、これは枠の左に外れた。

 攻勢を続けるマンチェスター・Uは68分にはラッシュフォードが相手最終ラインでボールを奪い、そのままエリア内で相手GKもかわすが、タッチが大きくなりシュートのタイミングを逃す。71分にはエリア内中央での競り合いから、こぼれ球がイブヒモヴィッチの足元に落ちるが、フリーでのシュートは相手GKの好セーブにあった。

 さらに82分、イブヒモヴィッチがマイケル・キャリックからのパスを受け、エリア内中央で右足を振り抜くが、枠を大きく外す。89分にはイブラヒモヴィッチのパスから、ラッシュフォードがエリア内左ゴール前で左足を振り抜くが、枠を捉えられなかった。

 1-1のまま迎えた後半アディショナルタイム、イブラヒモヴィッチがエリア内での空中戦で着地する際に右ひざを負傷。試合はそのまま90分が終了し、マンチェスター・Uはイブラヒモヴィッチに代えてアントニー・マルシャルを投入して延長戦を迎えた。

 92分、ラッシュフォードがドリブルで右サイドを突破し、切り返しからラボーナでクロスを供給。ファーサイドのポグバがオーバヘッドキックで合わせるが、シュートは相手DFにブロックされた。107分、ついに均衡が破れる。ラッシュフォードがフェライニの落としをエリア内中央で受けると、冷静に切り返しで相手DFをかわし、左足シュートをゴール左隅に突き刺した。

 試合はこのままタイムアップを迎え、マンチェスター・Uは苦戦したものの延長戦の末に2-1で勝利。2試合合計3-2でELベスト4進出を果たした。

【スコア】
マンチェスター・U 2-1(2試合合計:3-2) アンデルレヒト

【得点者】
1-0 10分 ヘンリク・ムヒタリアン(マンチェスター・U)
1-1 32分 ソフィアヌ・アンニ(アンデルレヒト)
2-1 107分 マーカス・ラッシュフォード(マンチェスター・U)

SOCCER KING

最終更新:4/21(金) 8:33

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合