ここから本文です

ローン先で活躍を見せるマンC保有の若手FW、来季はラツィオでプレーか

SOCCER KING 4/21(金) 16:18配信

 今シーズン、マンチェスター・Cから期限付き移籍でオランダ・エールディヴィジのトゥエンテに加入しているトルコ代表FWエネス・ウナルにラツィオが関心を寄せているようだ。20日付でイギリス紙『サン』が伝えている。

 現在19歳のウナルは2015年にマンチェスター・Cと契約を結んだ。その後は毎シーズン期限付き移籍を繰り返し、今シーズン加入したトゥエンテで29試合に出場し、17ゴールを挙げる活躍を見せている。

 同紙によると、それに関心を示したラツィオが来シーズンの期限付きでの加入を望んでいる模様。さらに同紙は、ラツィオは毎週スカウトを送り込み、入念に同選手をチェックしていると報じている。

 「第2のイブラ」とも称されるウナルは、大柄ながらも足元の技術に秀でた選手。母国トルコではU-16チームから世代別代表の常連であり、16歳の時に飛び級でU-21代表に選出されたこともある逸材である。

 保有元のマンチェスター・Cの指揮官を務めるジョゼップ・グアルディオラ監督もトルコリーグ最年少得点記録を持つ同選手を将来的にチームの中心として起用する意思があると同紙は伝えている。

SOCCER KING

最終更新:4/21(金) 16:18

SOCCER KING