ここから本文です

山田洋次監督が前進座脚本 長屋と武士の世界クロス

日刊スポーツ 4/21(金) 14:49配信

 山田洋次監督(85)が脚本を書き下ろした前進座公演「裏長屋騒動記」(5月11~22日、東京・国立劇場)の会見が21日、都内で行われた。

【写真】寅さん見送る「さくら像」柴又駅前でお披露目、盛況

 落語好きでもある山田監督が「らくだ」「井戸の茶碗」をもとに脚本を手掛け、歌舞伎として上演される。山田監督は「長屋の住人が出る『らくだ』と武士も登場する『井戸の茶碗』で、長屋の世界と武士に世界をクロスさせ、その面白さを際立たせたい」。くず屋の久六役の嵐芳三郎(52)は「最初、監督は『二枚目の芳三郎くんは久六のイメージじゃない』と言っていたそうですが、お会いした後に『会ったら、二枚目じゃないんだね』と言われたそうです。山田先生の脚本に素直に入れば、お客さまと笑ってくれると思う」。

最終更新:4/21(金) 14:59

日刊スポーツ