ここから本文です

J村井チェアマン2万G「積み重ね」歴史かみ締める

日刊スポーツ 4/21(金) 23:17配信

 Jリーグの村井満チェアマンが、J1通算2万ゴールが決まった川崎フロンターレ-清水エスパルス戦を観戦した。後半終了間際に、清水が同点に追い付く展開だっただけに、試合後は開口一番「すごい幕切れだったね」と話した。続けて、21歳の清水MF金子が挙げた2万ゴールについては「彼が生まれた時にはJリーグが始まっていて、最初のころからの積み重ね」と、93年のJリーグ創設からの歴史をかみしめていた。

【一覧】1号はV川崎マイヤー/J1記念ゴール

 また、16日のセレッソ大阪戦で、ガンバ大阪サポーターがナチス・ドイツを連想させる応援旗を掲げていた件についても言及した。当面は、応援旗を掲げた当事者を特定させて、事情を聴くことを優先するとした上で「政治的な思想があったのか、なかったのか。悲しい思いをした人が世界中にいるのは事実。2020年に向けて国際化していく中で、知らなかったとか、そういうことではなく、認識をあらためないといけない」と話していた。

最終更新:4/21(金) 23:29

日刊スポーツ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合