ここから本文です

野菜や肉を届ける「Amazon フレッシュ」が日本上陸--自社配送で最短4時間

CNET Japan 4/21(金) 5:00配信

 アマゾンジャパンは4月21日、野菜や精肉などの生鮮食品を、最短4時間で配送するサービス「Amazon フレッシュ」を、Amazon プライム会員向けに開始した。昨今はヤマト運輸を始めとする物流会社のドライバー不足が深刻になっているが、同社の自社配送にすることで迅速に食品を届ける。

 Amazonフレッシュでは、野菜、果物、鮮魚、精肉、乳製品など1万7000点以上の食料品のほか、キッチン用品やベビー用品、ペット用品といった日用品・雑貨など、合計10万点以上の商品を取り扱う。一般的なスーパーで購入できる食品のほか、人形町今半の精肉や、ロールケーキの堂島ロールなど、27店舗の「専門店グルメ」も販売する。さらに、契約農園から仕入れた採れたての新鮮な野菜や、その日の朝に加工した鮮魚などを販売する「新鮮市」を週2回開催するという。

 Amazonフレッシュには、「Amazon.co.jp」内からアクセスできる。ユーザーが、食品の届け先や希望日時を選ぶと、その時間帯に間に合う在庫だけが表示される。食品は検索やカテゴリから探すことができ、野菜を1個単位で購入したり、原産国から鮮魚を選んで購入したりできる。ショッピングカートに入れると、画面右のカート内に商品が追加されていく。

 配送対応時間は午前8時から深夜0時で、2時間ごとに時間帯を指定できる。商品は注文から最短4時間で届くという。「鮮度保証」プログラムを導入しており、届いた食品の鮮度が悪かった場合には、返金を受け付ける。また、もし注文した商品の在庫がなかった場合には、無料で代替品を届けるという。

 料金は、Amazonプライム会員の年会費(3900円)とは別に、月額500円のAmazonフレッシュ利用料がかかる。配送料は1回につき500円だが、注文合計額が6000円以上の場合は無料になる。当初の配送対象地域は、東京の港区、千代田区、中央区、江東区、墨田区、江戸川区(一部エリアを除く)で、順次拡大する予定。ただし、生鮮食品のため屋外には届けられない。

 Amazonフレッシュは2007年に米国でサービスを開始し、2016年7月から英国のロンドンでも提供が開始された。日本は3カ国目の展開国となる。同社では日本展開に向けて、神奈川県・川崎市の物流拠点「アマゾン川崎FC(フルフィルメントセンター)」に商品カテゴリごとに専用棚を設け、最適な温度で品質を管理。また、鮮度を逃さない専用ボックスを用意した。

 アマゾンジャパンのAmazon フレッシュ事業本部 リテール事業部長の荒川みず恵氏によると、1時間以内に商品を届ける「Amazon Prime Now」の配送拠点を経由し、自社で荷物を配送する。発送時には注文者にメールを送るほか、到着が近づくとアプリなどにプッシュ通知をする。それでも注文者が不在だった場合には、配達員が持ち帰りキャンセル扱いになる。再配達は受け付けないという。

最終更新:4/21(金) 5:00

CNET Japan