ここから本文です

米テスラのマスク氏、1500億円の報酬獲得に接近-残る目標は6項目

Bloomberg 4/21(金) 15:15配信

電気自動車メーカー、米テスラの最高経営責任者(CEO)で資産家のイーロン・マスク氏が推定14億ドル(約1530億円)の報酬を手にするために達成しなくてはならない目標は、残りあと6項目だ。

20日付の株主総会招集通知によると、テスラの業績と時価総額の目標に連動し、同社株を527万株購入できるストックオプションを2012年に付与されたマスク氏は、既に業績目標10項目中6項目を達成。時価総額の目標については10項目中8項目を達成している。昨年の今頃の達成数は各5項目、7項目だった。

マスク氏の目標達成期限は22年とされているものの、達成が前倒しされれば、より早期の報酬獲得もあり得る。ブルームバーグの推計では、20日の取引終了時点でオプションの価値は14億ドル。同氏は通常の基本給を受け取っていない。

マスク氏はテスラが業績と時価総額の目標をそれぞれ1項目ずつ達成するごとに、オプションの10分の1を得ている。

同社の1-3月(第1四半期)の出荷台数は四半期ベースで過去最高の2万5000台となり、累計生産台数が20万台を突破したが、通知書によると、取締役会が数字を確認するまで目標を達成したとは見なされない。同社は価格がより手頃な「モデル3」の生産を7月に開始すると発表しており、18年までに年間生産台数が50万台に増える可能性があるとの見通しを示している。

原題:Elon Musk Nears $1.4 Billion Windfall as Tesla Hits Milestones(抜粋)

Anders Melin

最終更新:4/21(金) 15:15

Bloomberg