ここから本文です

中国:信託経由の不動産ファイナンスを取り締まり-関係者

Bloomberg 4/21(金) 17:16配信

中国銀行業監督管理委員会(銀監会)は、国内不動産セクターに対するファイナンス活動を抑制するよう信託会社に指示した。不動産市場とシャドーバンキング(影の銀行)業界のリスク抑制を図った。

事情に詳しい関係者によれば、銀監会による信託会社への指導は不動産など過度に膨らんだ業界が対象。銀監会は、20兆元(約317兆円)規模に上る信託業界による形を変えた不動産ファイナンスに対策を講じるとしている。信託会社が絡んだ提携や資産運用プラン、関連事業を経由した融資がこれに当たるという。

アナリストの多くは中国の金融安定を脅かす最大級の要因を不動産市場と規制の緩い資産運用商品を通じたファイナンス拡大とみており、当局は最近、相次ぎ抑制策を打ち出している。共産党の最高指導部が一部入れ替わる年後半の党大会に向け、当局は景気の大きな落ち込みを回避しながら、リスクを抑制するという課題を抱えている。

招商銀行の劉東亮シニアアナリストは「不動産会社にとって信託はまだ有効な数少ない資金調達経路の1つだ。銀監会の指導はこの調達経路にさらなる制約を課すもので、不動産業界にとっては悪影響だろう」と述べた。

銀監会の報道担当(北京在勤)にコメントを求めたが、今のところ返答はない。

原題:China Said to Crack Down on Property Financing Through Trusts(抜粋)

Dingmin Zhang, Emma Dong, Jun Luo, Heng Xie, Jessica Zhou

最終更新:4/21(金) 17:16

Bloomberg