ここから本文です

SOといえば「ジョグダイヤル」 軽量ボディーの「SO210i」

ITmedia Mobile 4/22(土) 6:25配信

 ITmedia Mobile編集部で発掘された、思い出のケータイを振り返る連載。今回紹介するのは、NTTドコモのソニー製ケータイ「SO210i」です。

【「ジョグダイヤル」の画像】

 SOケータイといえば、ソニー・エリクソン(ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ)のイメージが強いですが、ソニー・エリクソンが誕生したのは2001年10月1日。それより前に発売されたSO210iは「ソニー」製で、後継機の「SO211i」がドコモ向けでは初のソニー・エリクソン製品となりました。

 SOケータイの象徴といえるのが「ジョグダイヤル」です。指でくるくる回すと上下のカーソル移動をスムーズに行えます。「これがあるからSOを使い続けている」と言う人もいたほどで、多くのユーザーから愛された機能でした。SO210iも、このジョグダイヤルを搭載しています。

 ちなみに正式名は「デジタル・ムーバ SO210i HYPER」で、SO210iはソニーが「ムーバ」ブランドで投入する初のケータイ。約89gという、当時の折りたたみケータイの中では特に軽いボディーも特徴でした。

「SO210i」の主な仕様

・発売日:2001年8月14日(関東甲信越)
・キャリア:NTTドコモ
・メーカー:ソニー
・サイズ:約47(幅)×85(高さ)×25(奥行き)mm(折りたたみ時)
・重量:約89g
・メインディスプレイ:約1.7型(120×160ピクセル)STN液晶
・カメラ:なし
・ボディーカラー:ヴィーナスホワイト、ウイングブルー、エンジェルピンク

最終更新:4/22(土) 6:25

ITmedia Mobile