ここから本文です

巨人・マイコラス、阪神戦初黒星 警戒福留に痛恨被弾

4/22(土) 6:03配信

デイリースポーツ

 「巨人1-4阪神」(21日、東京ドーム)

 1球の失投が命取りになった。初回、高山と糸井に対し、バットをへし折りながらも安打とされて招いた1死一、二塁のピンチ。巨人・マイコラスが福留に投じた4球目は真ん中高めに入り、弾き返された打球は右翼席へ。来日3年目で初めて虎に土を付けられた助っ人は「ひとつの失投。それが響いた」と振り返った。

【写真】マイコラス妻 悩殺ビキニ姿披露「ちょっと恥ずかしい」

 ここまで阪神戦は7試合に登板し4勝無敗。「朝から状態は良かった」と自信を胸に臨んだマウンドで出鼻をくじかれた。1-3で迎えた五回には2死満塁から痛恨の押し出し四球。判定に対し大きなジェスチャーを交えて声を荒げたが「ノーコメント」と多くを語らなかった。

 敵軍の4番に3安打を許した。阪神打線への好相性を誇る一方で「クレバーな打者。アウトにするのが難しい」と最も警戒していたのが福留だった。五回の失点も2死走者なしから浴びた二塁打が起点。「この日は彼にとっていい試合になった」。淡々と相手をたたえた。

 高橋監督は「最初に3点というのが効いてしまった」とする一方で「なかなか(メッセンジャーを)打てなかったのもそう(敗因)かな」とも話した。3試合連続完封勝利で迎えた一戦。“虎キラー”が喫した初回の失点が最後まで重くのし掛かり、連勝は4で止まった。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/28(水) 10:30