ここから本文です

ヤクルト 石川で連敗ストップ、最下位脱出

デイリースポーツ 4/22(土) 6:03配信

 「ヤクルト3-1広島」(21日、神宮球場)

 大好きな本拠地のマウンドで躍動した。ヤクルト・石川が今季最長の7回を投げ、6安打1失点で2勝目をマーク。チームの連敗を3で止め、最下位脱出を果たした。

【写真】マウンド上で力強くこぶしを握る石川

 「マウンドに上がると、自分がエースだという気持ちで投げる」。2点リードの六回2死二塁。3番の丸を空振り三振に斬ると「自然に(出た)」と力強いガッツポーズ。打たせて取る投球が持ち味だが、8三振を奪った。

 伊藤投手コーチは「この(狭い)球場で相手が広島。五、六回いってくれればいいと思っていたけど、十分すぎる投球」と称えた。「明日も全力で勝ちたい」と石川。エースの好投で流れに乗り、開幕3連戦以来のカード勝ち越しを狙う。

最終更新:4/22(土) 7:25

デイリースポーツ