ここから本文です

大堀、2位急浮上! サッカー本田からの金言の胸に「初の週末。楽しむ」

デイリースポーツ 4/22(土) 6:04配信

 「男子ゴルフ・パナソニック・オープン・第2日」(21日、千葉カントリークラブ=パー72)

 29位で出た大堀裕次郎(25)=フリー=が7バーディー、1ボギーの65で回り、通算7アンダーで首位と2打差の2位に急浮上した。谷口徹に仕込まれた技術と、サッカーの日本代表FW本田圭佑から贈られた言葉を胸に刻み、一気に優勝争いに飛び込んできた。ジェーソン・クヌートン(米国)が69で回り、通算9アンダーで単独首位をキープ。2位で出た小平智(27)=Admiral=は71と伸ばせず、4打差の6位に後退した。

 ポーカーフェースの裏側で、大堀は「びびっていた。予選を通りたい一心だった」。今季は開幕から3戦連続予選落ち。内なる恐怖に震え、積極果敢な信条は消滅寸前だった。

 だが5番のバーディーで、「思い切ってできるようになった」。集中力が高まり、バーディーの山を築き上げた。17、18番を連続バーディーで締め、今季初の決勝ラウンド進出。しかも優勝戦線というおまけつき。「初の週末。楽しんでやりたい」とはにかんだ。

 今年3月、通算19勝を誇る谷口に弟子入りした。計2週間にわたる宮崎合宿で、不得手なショートゲームの技術を徹底的にたたき込まれた。地道に深めた自信が、着実にスコアを作ってくれた。

 苦しい時こそ、ある言葉を反すうした。一昨季開幕前。イタリア・ミラノで同じ事務所に所属する本田と合同トレをした際、厳しくも温かい金言を授かった。

 「どんな小さいことでも積み上げろ。それが、お前の武器になる」

 谷口と本田。2人の師匠の叱咤(しった)に応えるため、大堀は攻め続ける。

最終更新:4/22(土) 10:36

デイリースポーツ