ここから本文です

<清原果耶>朝ドラで脚光の注目女優は「負けず嫌い」 映画「3月のライオン」で熱演

4/23(日) 10:00配信

まんたんウェブ

 俳優の神木隆之介さん主演で公開中の映画「3月のライオン」(大友啓史監督)の後編で、主人公のプロ棋士・桐山零が出入りするようになる川本家の次女・ひなたを演じている女優の清原果耶さん。穏やかな雰囲気を漂わせながら、いじめの標的になっても必死で立ち向かう芯の強い面を見せるなど、感情豊かなひなたを熱演している。NHK連続テレビ小説(朝ドラ)「あさが来た」で女優デビューして脚光を浴び、ドラマや映画など活躍の場を広げている注目女優の一人である清原さんに、今回の作品や現在の活躍、今後について話を聞いた。

【写真特集】白ブラウスがキュートすぎる! 東京の街並みをバックに…

 ◇ビジュアルは「まったく似てない」 ひなたの内面の強さに共感

 映画は、羽海野(うみの)チカさんの人気マンガを実写化した作品で、前後編の2部作。ある日、同じ下町に住む川本家の3姉妹と出会った零が、数々の対局と温かな人々との交流を通じて、棋士として、人として、ある覚悟を決めていく。清原さんは長女・あかり役の倉科カナさん、三女・モモ役の新津ちせちゃんと“川本3姉妹”を演じている。

 ひなたは、思いやりと正義感にあふれた心優しい女の子。原作を読んだ清原さんは「優しくて明るくて、芯が強い。キラキラやふわふわなオーラをまとった女の子」とひなたの印象を語る。人気原作の実写化作品に出演するのは初めてで、「キャラクター通りにしなきゃいけない」というプレッシャーはあまり感じなかったというものの、「表情がコロコロ変わったり、泣いたり笑ったりがすごく激しい子だったので、ちゃんと演じ分けしなきゃなという心配はありました」と打ち明ける。

 役が決まった時は「ビジュアル的にはまったく似ていないと思って、どうしようと思った」と率直な心境を明かす。ただ、いじめの標的になっても自分を曲げない強さを持つひなたとは「内面で通じるところもある」とも語る。「ひなたっていじめられていることを家族にも知られたくなくて、悟られないように振る舞う。そういう、自分の中の負けず嫌いさは似ているかなと。私も負けず嫌いだったりするので」と笑う。

1/2ページ

最終更新:4/23(日) 10:00
まんたんウェブ