ここから本文です

ワンマン特急避難訓練 高鍋-川南、大津波想定

4/22(土) 13:49配信

宮崎日日新聞

 JR日豊線大分-宮崎空港間の4両編成特急の一部でワンマン運転をこの春導入したJR九州は21日、高鍋-川南間で、南海トラフ巨大地震に伴う大津波を想定した避難誘導訓練を行った。宮崎総合鉄道事業部管内では毎年1回、ワンマンの普通列車で訓練に取り組んできたが、特急では初めて。同社社員と、乗客役の県警、高鍋町、宮崎市など沿線自治体の職員ら約130人が参加。特別に走らせた特急列車を緊急停止させ、列車からの降車、避難誘導の手順、避難経路などを確認した。

宮崎日日新聞

最終更新:4/22(土) 13:49
宮崎日日新聞