ここから本文です

良い映画だけを見るのが正解じゃない…宇多丸が語るラジオと映画

4/22(土) 10:10配信

BuzzFeed Japan

BuzzFeed Newsによるライムスター宇多丸インタビュー第2弾のテーマは「映画」。映画コメンテーターとしても活躍する宇多丸だが、その名を一躍高めたのは「ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル」(TBSラジオ、毎週土曜22時~24時)での映画評論コーナーだ。10年間での日本映画の変化から、若いユーザーへの思い、さらに“身内”に甘いとの自身への批判についても語った。
【BuzzFeed Japan / 徳重辰典】

--タマフル最大の人気コーナーといえば、映画評論コーナー「週間映画時報 ムービーウォッチメン」(旧ザ・シネマハスラー)です。この10年間での変化はありますか。

僕側の変化というより、日本映画の大作で、僕が辛辣に評するような作品は、確実に減っていますよね。現に、興行収入1位でなおかつ超クソ!みたいな作品が、今はもう、あんまりないんですよ。そういうものが作られなくなったし、作ったとしても前のようにはヒットしない。

たぶん邦画のレベルが上がっているというのもあるし...今は観客がネットとかで事前に情報を仕入れて行くようになった。前は、やれ「少林少女」が1位とか聞くと、「お前ら、ちょっとは評判とか調べねぇの?」とか思っていたけど、逆に今は、みんなちょっと見る前に人の評価を気にしすぎじゃないの?っていう気もする。

まぁ、SNSの浸透とシンクロした傾向なんでしょうが。

--映画評に対する変化もありますか。

もともと、どの作品もハナからけなす気で見てたわけじゃないのに、最初から「当たり屋」的なスタンスを期待されるのって、なんかつまんねえな、と思い始めたところはありますよね。「けなすのがガチな批評」だと本気で思ってるフシがある人もけっこう多くて困るんだけど。でもまぁ、それも熱量の問題ですよ。

前であれば、こういう作品が興行収入1位になって、たまにしか映画館に行かないような人が「映画ってこんなもんか」とタカをくくってしまうのが許せない!っていうような、はっきりしたモチベーションがあったから。そういう熱がある回は、やっぱり面白いんだけど。

--批判を期待されてましたが、内容を評価し評判となったものにSMAP中居正広主演の「私は貝になりたい」の評論があります。

あれは実際いい作品でしたからね。ただ、丸褒めもしていないはずだから。以前のバージョンと比べ、ここは改悪だろうというところは指摘している。自分で言うのもあれですが、フェアな批評だったと思います。

--フェアであることは気をつけている。

まあね。でも一人の人間がやることだから。ここを勘違いしている人が増えてるみたいでホントに嫌なんだけど、ある映画に「一つの正解の見方」があるわけじゃない。批評にフェアネスを保つにしても、もちろんそれが唯一の正解じゃない。あくまでその人なりの筋があるというだけで。

しかも、こんだけ回数をやっていますから、「ああ、あの回はもうちょっとやりようはあったかな」ということはもちろんあります。反省は常にしている。

1/4ページ

最終更新:4/22(土) 10:10
BuzzFeed Japan