ここから本文です

サンウルブズ、ハイランダーズに敗れるもアグレッシブな80分

4/22(土) 18:40配信

ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)

 ニュージーランドに遠征中のサンウルブズ(スーパーラグビー日本チーム)は22日、同国最南端に位置するインバーカーギルでハイランダーズと対戦し、15-40で敗れた。しかし最後までアグレッシブに攻め続け、堅守のハイランダーズから2トライを挙げた。
 サンウルブズはこれで1勝7敗(勝点5)、ハイランダーズは5勝3敗(勝点23)となった。

ジョセフ・ジャパン、スッキリせぬ今季初戦 韓国下すも被5トライ

 序盤にプレッシャーをかけられ落球から失点したサンウルブズだったが、33分まで3-7と競った。
 前半6分にLOヘル ウヴェのパワフルランをきっかけに攻め込み、結果的にアクシデンタルオフサイドがあってトライは認められなかったが、2015年のチャンピオンと互角にわたりあう。

 しかし、ハイランダーズは34分、ハイパント後のルーズボール確保からすばやく展開してFLリーアム・スクワイアがトライ。ハーフタイム前には左への展開からFBベン・スミスがFB松島幸太朗らのタックルを振り切ったあと、サポートした仲間がボールをつないでSHアーロン・スミスが左隅に飛び込み、3-21で折り返した。

 後半早々、ハイランダーズはラインアウトからの攻撃でゴールに迫ると、CTBマット・ファデスが鋭く走り込んでトライラインを割った。

 3-28とされたサンウルブズは47分(後半7分)、ハーフウェイからフェイズを重ねてゴールに迫り、LOサム・ワイクスがインゴールに飛び込んだがプレッシャーを受けてグラウンディング寸前で落球し、またもトライとはならなかった。

 その後も果敢にアタックしたサンウルブズだが、ハイランダーズは圧力をかけ続け、50分、CTBファデスがインターセプトして独走し、リードを広げた。

 53分にも、ディフェンスプレッシャーを受けてカウンターを許し、3-40とされたサンウルブズだが、58分、NO8ヴィリー・ブリッツが1対1でタックラーをはずしてゴールに持ち込み、この日チーム最初のトライを獲得。ブリッツは今月上旬に父親を亡くしており、天国の父へ捧げるトライとなった。

 これで活気づいたサンウルブズはさらに64分、ゴール前でSO田村優が山なりのパスを大外のFLラーボニ・ウォーレンボスアヤコに通し、連続トライで15-40。
 結局このスコアのままファイナルホイッスルを迎えたが、サンウルブズは力を出し切り、次につながる敗戦となった。

 サンウルブズは次週(4月29日)、ニュージーランド北島のハミルトンで、リーチ マイケルが所属するチーフスに挑む。