ここから本文です

<北千葉道路>最高速度70キロ引き上げ区間 速度超過で初摘発 容疑の男逮捕

4/22(土) 11:54配信

千葉日報オンライン

 千葉県警印西署は21日、道交法違反(速度超過)の疑いで匝瑳市、自称保険外交業の男(50)を逮捕した。速度違反をしたとされる道路区間は2月から、県内の一般道で初めて最高速度が時速70キロに引き上げられた。同署によると、適用後初の摘発だという。

 逮捕容疑は17日午後2時半ごろ、印西市内の国道464号で、最高速度(同70キロ)を超える同100キロ以上で軽乗用車を運転した疑い。

 同署によると、男は警戒中の同署員の呼び掛けに応じず逃走。「急いでいた」などと容疑を認めている。(本紙、千葉日報オンラインでは実名報道)