ここから本文です

Creepy Nuts R-指定「俺のスタイルとは?」ラッパーを目指す10代にエール

4/22(土) 20:00配信

TOKYO FM+

ヒップホップユニット・Creepy Nuts(R-指定&DJ松永)のお二人が、4月18日放送のTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」にゲスト出演。ラッパーのR-指定さんが、フリースタイルラップに興味を持つリスナー(15歳・男性)からの質問に答えました。

◇◇◇
リスナー:フリースタイルラップをやってみたいんですけど、あんまり言葉がポンポン出て来ないんです。

とーやま校長:見てて、“どうやってるの?”って思うよね。

リスナー:はい。

R-指定:実は俺も、フリースタイルを始めたのが15歳で同い年だったの。14歳の時に歌詞を書き始めて、15歳の時にフリースタイルをやってみようって始めたんですけど、最初は全然できなかったですね。近道的なのとか特訓方法とかなくて、“とにかくやり続ける”っていうので、俺はできるようになったタイプなんです。

リスナー:ああ。

R-指定:逆に、やり方とかどうやったらカッコよくなるかっていうのを、自分で探すのがラップの一番の面白みだと思う。「あの人はああやって練習してるけど、俺はこうやって練習してみよう」とか、「今こういう伸ばし棒を入れることで、ラップっぽくなったぞ」っていうのを発見できるのが面白いと思う。

あしざわ教頭:具体的な方法論っていうよりも?

R-指定:方法論とか特訓方法とかはある程度あると思うんだけど、それをやっちゃうと面白くないという……。

とーやま校長:最初は苦しいかもしれないけど、自分なりにということですね。

R-指定:自分のやり方が見つかった時、『これが俺のスタイル!』ってなるんです。いろいろやってみてその中から見つけるのもいいし、「テレビに出てくる人の名前で韻を踏んでみる」とか、「テレビのニュースにツッコミを入れる感覚でラップをしてみる」とか、「駅名で韻を踏んでみる」とか、色んな練習方法があるんですけど、それを一通りやりつつも自分なりのやり方を発見した方が、オリジナルなモノになるかなと思うんですよね。

とーやま校長:目からウロコの話ばっかりだね!

リスナー:はい。すごいです!

とーやま校長:松永先生も色んなラッパーを見られていると思うんですけど、松永先生的にはどうしたらいいかとかありますか?

DJ松永:うーん……まぁ、全部Rくんが言ってくれた通りで、以下同文です。

校長・教頭:(笑)。

R-指定:こういう風に自分の頭で考えない人は、ラップできへんからな!

DJ松永:思考停止が一番よくないぞ! 自分の頭でなんとか考えろ! ラップはオリジナリティが一番大事! 頼るな! 自分の道を行けよ!!

R-指定:なに怒ってるの(笑)。

DJ松永:自分に対して怒ってるの(笑)。

R-指定:(今回の質問は)ラップのボキャブラリーを増やしたいってことかな?

リスナー:はい。

R-指定:何か映画とか漫画とか好きなものとかある?

リスナー:乃木坂46とか好きです。

R-指定:あーそれめっちゃいい! ラッパーって好きなものによって、出てくるボキャブラリーが変わってくるんですよ。例えば僕は映画とか漫画が好きなので、“強いもの”、“強いこと”を表現したい時に、おもわず『刃牙』(※)の名前が出てきたり、“俺は小細工使わないぞ”という時にステゴロで『花山薫』(※)が出てきたりとか。
(※どちらも漫画「グラップラー刃牙」の登場人物)
だから乃木坂を好きだったら、『俺は このステージの注目を全部かっさらうぞ まるで 乃木坂のセンターの○○みたいに♪』って、自分の好きなことからボキャブラリーをつなげていけるからね。好きなことにはとことんオタクになったほうが、面白いラップができると思う。

DJ松永:お前、めっちゃ優秀な先生だね(笑)。

とーやま校長:例えば、『インフルエンサー ダブルセンターの 白石麻衣 西野七瀬 みたいに♪』って感じですか?

R-指定:そういうことですね。その状況に合わせて『お前のその状況は 曲名で言うとまるで〇〇みたいや♪』とか、『乃木坂のメンバーで言うと この子みたいや 俺は♪』みたいなことを表現していけば、オリジナルなラップになると思う。

とーやま校長。確かに! そんなラッパーがいたら面白いしね。本当に乃木坂だけでやってみたら、絶対に話題になるよ!

あしざわ教頭:乃木ラップめっちゃいいじゃん。

リスナー:ちょっとやってみようかなって思います。ありがとうございました!


現在エントリーを受け付けている10代限定の夏フェス「未確認フェスティバル」では、『ラップだけコース』と『コピバンコース』の募集を開始しました。『ラップだけコース』のSCHOOL OF LOCK! オリジナルトラックの制作をDJ松永さんが担当しています。
さらに、新しい授業の「RAP LOCKS!」がスタート!
特別講師には、Creepy Nuts(R-指定&DJ松永)のお二人が就任します! ラップに関する疑問、相談などについて、定期的に指導してくれるとのこと。お楽しみに!

最終更新:4/22(土) 20:00
TOKYO FM+