ここから本文です

カメラの多さで歴史を感じた!? J通算2万ゴール目を決めた清水MF金子「名誉に恥じないプレイを」

4/22(土) 14:30配信

theWORLD(ザ・ワールド)

Jリーグの歴史に残る得点

21日、明治安田生命J1リーグ第8節が行われ、清水エスパルスは川崎フロンターレと対戦し、2-2で引き分けた。この試合で先制点を決めた清水MF金子翔太が、J1通算2万ゴール目を記録している。

[動画]必見! MF金子翔太のメモリアル弾

金子のメモリアルゴールが生まれたのは14分。右サイドに開いてボールを受けたFW鄭大世が、ゴール前にクロスを送りこむと、ファーサイドに走り込んだ金子が押し込んだ。同選手は試合後、チーム全員で、狙い通りのカウンターだった。色々な人から(20,000ゴールを)狙っていけということは言われていたので、したたかに狙っていた」と振り返った。クラブの公式サイトが伝えている。

歴史的なゴールを決めた21歳は、「まだ実感は湧いていない」と話しながらも、「試合後のカメラの多さを見て、改めてすごい記録なんだなと思った。歴史の重みも感じるので、これからもこの名誉ある結果に恥じないようなプレイをしていこうと思う」と誓った。2万ゴールで名をあげた金子は、今後もJリーグの歴史にその名を刻みそうだ。

http://www.theworldmagazine.jp