ここから本文です

浦和、多彩すぎる攻撃で札幌の堅守を打ち破る ミシャ監督「もっと点を取れた」

4/22(土) 17:40配信

theWORLD(ザ・ワールド)

遅攻、速攻ともに威力抜群

22日に明治安田生命J1リーグ第8節が行われ、浦和レッズが北海道コンサドーレ札幌に3-2で勝利した。

同クラブを率いるミハイロ・ペトロヴィッチ監督は試合後のフラッシュインタビューで、同試合を総括している。

「相手に少ないチャンスをモノにされましたが、我々がゲームを支配していたと思います。もう少し決定機を点に結びつけたかったですが、勝利という目標を達成できて何よりです」

5バック気味、且つ3ボランチに近い布陣でバイタルエリアを封鎖してきた札幌に対し、ピッチの横幅を広く使った攻撃で主導権を握った浦和。関根貴大のサイドでの独力突破、興梠慎三やラファエル・シルバの最終ラインの背後を陥れる攻めも機能し、組織的な守備に定評がある札幌から3得点を奪った。攻撃のバリエーションの豊富さを見せつけた同クラブだが、今後の課題は守備。同試合の後半に目立った自陣での不用意なパスミスをなくし、失点を最小限に抑えたいところだ。

http://www.theworldmagazine.jp/

スポーツナビ サッカー情報