ここから本文です

気軽に舞台鑑賞、大阪で演劇フェス

4/22(土) 7:00配信

Lmaga.jp

演劇から浪曲まで様々なパフォーマーが集まる、ショーケース的なイベント『中之島 春の文化祭』。2009年以来、GW恒例となっているこのイベントが、今年も5月3日・4日に大阪の劇場「ABCホール」(大阪市北区)で開催される。

30組のパフォーマーが5組ずつ、A~Fの6ブロックに分かれ、各自約20分の作品を上演する本イベント。演劇に興味を持ちはじめた人や、未知の表現を探している人には、お試し気分で多種多様なステージをチェックできる最高の機会だ。

参加するのは、主宰の上田誠が『岸田國士戯曲賞』を受賞したヨーロッパ企画(Aブロック)や、主宰の福谷圭祐が『OMS戯曲賞』を受賞した匿名劇壇(Dブロック)、など関西で活動する話題の劇団が登場。ほかにも、昨年『週刊少年ジャンプ』の漫画『磯部磯兵衛物語』を舞台化した劇団Patch(Eブロック)、ダンスやマイム、アクションなどの身体表現を会話劇と融合させる劇団壱劇屋(Cブロック)、京都のエンタテインメント集団・THE ROB CARLTON(Fブロック)も参加する。

劇場の外では、無料の音楽ステージや屋台が設置されるので、文字通りお祭り気分で一日中楽しめるはず。チケットは1ブロック1500円、1日15団体をすべて楽しめる通し券3000円、公式サイトで発売中(前売Eブロック、通し券完売。但し全ブロック&通し券ともに当日券あり)

文/吉永美和子

最終更新:4/22(土) 7:00
Lmaga.jp