ここから本文です

高橋一生、理想の先生間違いなし!?“林田先生”優しく微笑むビジュアル公開

4/22(土) 10:00配信

クランクイン!

 4月22日に公開を迎えた映画『3月のライオン 後編』から、高橋一生が演じている林田先生のビジュアルが公開。「こんな先生に教わりたいです」「理想の先生すぎる」など、絶賛の声が集まっている高橋の姿は必見だ。

【関連】『3月のライオン』“林田先生”ビジュアル<フォトギャラリー>


 映画『3月のライオン』は、孤独な高校生棋士の桐山零(神木隆之介)が、偶然知り合った川本3姉妹と織りなす人間模様や、ライバル棋士たちと繰り広げる戦いを描く感動のドラマ。現在、前編が公開中で、22日に後編が公開となる。

 高橋が演じるのは、零が通う高校の担任教師・林田高志だ。林田は先生らしくない軽いキャラに見えるが、学校に馴染めず、友達もいない零をいつも気にかけており、時には先生と生徒という垣根を越えた本音トークで相談に乗ることもある。時に面倒そうな素振りを見せる零を、温かく見守り、優しい言葉で包み込む役どころだ。

 後編では、零にとって大切な存在となった川本家に試練が襲い掛かる。その試練とは、次女・ひなた(清原果耶)へのいじめ。学校でいじめられていた友人をかばったことで、矛先がひなたに向き、いじめの対象になってしまうのだ。零は自身の“恩人”であるひなたを助けたいと思い奮闘するも、何もできない不甲斐なさに打ちひしがれる。そんな零を救うのが、林田の「結果は大事だけどな、人に伝わるのは結果だけじゃない」という言葉だ。このセリフには、零だけでなく、観客までも救われた気持ちになり、「こんな先生がいたら…」と思わずにいられないだろう。

 映画『3月のライオン 後編』は4月22日より全国公開。

最終更新:4/22(土) 10:00
クランクイン!