ここから本文です

柳楽優弥、『おんな城主 直虎』登場!直虎と運命的な出会いを果たすその男の正体は…

4/22(土) 12:30配信

クランクイン!

 NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』。第15話「おんな城主 対 おんな大名」では、道中、命を狙われるも家臣・直之(矢本悠馬)と入れ替わる策により、駿府に到着し寿桂尼と対峙。百姓たちからの「直虎の後見を望む署名状」が届いたことで、寿桂尼は直虎を後見とすることを認めた。

【関連】『おんな城主 直虎』第16話場面写真フォトギャラリー


 駿府から無事帰還した直虎。瀬戸方久(ムロツヨシ)は井伊家の財政を立て直すための新たな産業として「木綿」の栽培を持ちかける。

 乗り気になった直虎は瀬戸村の百姓・甚兵衛(山本學)に相談するが、井伊領内は深刻な人手不足であり、木綿作りを担う人材がいないことがわかる。人手を探して村々をまわる直虎だったが、ある日水浴びをする若い男(柳楽優弥)と運命的な出会いを果たす。

 耕し手のいない荒地を再び耕せるようにした者には、その土地を与え、実りが出て三年は年貢をとらない。そんな「三年荒野」の策を立てた方久から、さらに井伊の財政を安定させる“綿の実”の栽培を持ちかけられる直虎。しかし“人材不足”という難題が立ちはだかり、解決策求めてまたもや自ら行動に移るが…。

 NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』第16話「綿毛の案」はNHK BSプレミアムにて4月23日(日)18時、総合テレビにて20時放送。

最終更新:4/22(土) 12:30
クランクイン!