ここから本文です

2017MotoGP第3戦アメリカGP初日:マルケスがセッション終了間際にアタックし総合トップ

4/22(土) 5:37配信

オートスポーツweb

 MotoGP第3戦アメリカGP、MotoGPクラスは、アメリカのテキサス州にあるサーキット・オブ・ジ・アメリカズ(COTA)で1日目の2回のフリー走行を行ない、マルク・マルケス(ホンダ)が2分04秒061で初日総合トップに立った。

 MotoGPクラスのフリー走行1日目は午前中の1回目、午後の2回目共にドライコンディションで行なわれた。

 1回目を2番手で終えていたマルケスは、2回目のセッション序盤からリーダーボードのトップをキープ。開始25分すぎにマーベリック・ビニャーレス(ヤマハ)がファステストを更新しトップに浮上するが、セッション終了間際の残り1分でヨハン・ザルコ(ヤマハ)がトップに浮上する。

 しかし、この時点で最後のアタックに出ていたマルケスは、区間ベストを更新しながら、2分04秒061を記録。2回目のセッショントップ、総合でもトップで初日を終えた。昨年のアメリカズGPでも初日トップタイムを記録しているマルケスだが、今年の初日は昨年に比べて気温、路面温度がやや高めで、バンピーな路面コンディションもあり、昨年の初日自己ベストの2分04秒034にわずかに及ばなかった。

 ザルコが2分04秒347でルーキートップ、インディベンデントチームトップとなる総合2番手に。1回目トップタイムを記録していたビニャーレスがが、2回目は2分04秒451でセッション3番手、初日総合でも3番手で終えた。

 総合4番手に2分04秒806でバレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)、総合5番手に2分04秒811でダニ・ペドロサ(ホンダ)、総合6番手に2分04秒830でアンドレア・ドビジオーゾ(ドゥカティ)が続き、1回目のセッションで転倒を喫したカル・クラッチロー(ホンダ)だが、ダメージはなく、2回目に記録した2分05秒005で総合7番手。総合8番手に2分05秒033でジョナス・フォルガー(ヤマハ)、総合9番手に2分05秒116でスコット・レディング(ドゥカティ)、総合10番手に2分05秒142でアンドレア・イアンノーネ(スズキ)の順で続いた。

 ホルヘ・ロレンソ(ドゥカティ)は2分05秒282で総合11番手、ダニロ・ペトルッチ(ドゥカティ)が2分05秒284で総合12番手、ジャック・ミラー(ホンダ)が2分05秒463で総合13番手、アレイシ・エスパルガロ(アプリリア)が2分05秒468で総合14番手、エクトル・バルベラ(ドゥカティ)が2分05秒584で総合15番手。

 総合16番手に2分05秒602でアルバロ・バウティスタ(ドゥカティ)、総合17番手に2分05秒943でティト・ラバット(ホンダ)の順で続き、アレックス・リンス(スズキ)は2回目のセッション開始序盤にマシンがエンジンブロー。マシンを乗り換えて走行を続け、2分06秒155で総合18番手。2分06秒358で総合19番手となったロリス・バズ(ドゥカティ)は2回目のセッション終盤に1コーナーでスリップダウン。

 総合20番手に2分06秒503でポル・エスパルガロ(KTM)が続き、ポル・エスパルガロのマシンにはウイング効果を持つ新フロントカウルが装着されていた。カレル・アブラハム(ドゥカティ)は2回目のセッション終盤に11コーナーで転倒を喫し、2分06秒709で総合21番手。総合22番手に2分06秒741でサム・ロウズ(アプリリア)、総合23番手に2分07秒434でブラドリー・スミス(KTM)の順で続いた。

[オートスポーツweb ]