ここから本文です

珍記録!笠間・右腕藤田、奇跡の「26K」「3失点」の軌跡

スポーツ報知 4/24(月) 11:02配信

 4月14日に行われた春季高校野球茨城県大会水戸地区予選1回戦で、とんでもない大記録が、ひっそりと誕生していた。

 笠間のエース右腕・藤田彪吾(ひょうご)投手(3年)が、水戸桜ノ牧高常北戦(笠間市民)で、毎回の26奪三振。全国でも極めて珍しい記録で、県の最多奪三振記録を53年ぶりに更新する熱投を演じた。しかし結果を見ると6―3とある。ん!? 26奪三振で3失点完投!? 一体、どんな試合だったんだ―。複数の関係者の証言から、快挙の裏側を読み解いた。

 スコアブックに26も並ぶ「K」の文字。だが藤田に、大記録達成の実感は全くなかった。「負けるかな、と思って投げていたので。三振の数よりも、勝つことに必死だった」。9回162球で4安打3失点。全打者から26三振を奪い(三振振り逃げ1)、5回の一ゴロ、6回の遊飛以外のアウトは、全て三振で取った。1964年夏の茨城大会2回戦で成田則明が記録した22奪三振を大きく上回った。

 武器は推定130キロ前後の直球と、縦横2種のスライダー。加えて、フォークのような落ちるボールだ。「サインは真っすぐとスライダーの2種類。自分で投げたいボールをテキトーに投げている。人がいないので、ブルペンには1か月に2度入るかどうか…。スピードも、機械がないので測ったことがないですね」

 水戸桜ノ牧高常北のエース左腕・浅野滉一(3年)は、この“屈辱”に試合後も気づいていなかった。翌朝、地元紙を見た母から「これ、ヤバイね」と言われ、初めて衝撃を受けた。冨田和雄監督(36)も「正直、あんなに取られている感覚はなかったんです。彼らは目前の試合に一生懸命で、いい試合をしたと思います」と同じ感想を口にした。

 達成の最大の要因はコールド(参考試合)にならなかったことだ。両校は今季既に2度、練習試合を行い、ともに笠間が圧勝(3月の試合では笠間が人数不足のため、卒業生が参加。4月は新入部員4人を迎え10人に)。藤田は10Kを奪い相手の実力を把握。「コールドで勝てると思っていた」と余裕を持って臨んでいた。

 ところが、打撃マシンの球速を上げ「藤田対策」をして臨んだ水戸桜ノ牧高常北が善戦。5回には同点に追いつき、中学時代に全国大会出場経験のあるエース・浅野が11安打を浴びながらも粘投。4番としても、2安打2打点とフル回転した。「みんなが『打たせていいよ』と言ってくれて、しっかり守ってくれた。三振もたくさんしたけど、みんなしっかり振っていた。もう初心者じゃないんです。みんな成長を感じるし、今後に向けていい経験になった」と笑顔を見せた。

6月に注目の再戦 「地区予選の組み合わせにも妙があった」と指摘したのは、茨城県高野連で記録部理事を務める上田英雄氏(48)=緑岡監督=だ。「今回の水戸地区は水城、常磐大高が推薦(昨秋4強は地区大会免除となる)。そして鹿島学園が(不祥事で)出ていない。そのあたりが出ていれば、こういう組み合わせにはならなかったかもしれない。いろんな条件が重なって生まれた記録だと思います」と分析した。

 笠間は昨秋、人数不足で5校での合同チームだった。主将も務める藤田の目標は、単独チームで夏の大会に出場し、7年ぶりの夏1勝を挙げること。長髪のため1年生から、丸刈りにしないんスか?とからかわれることもあるというが、そう話す顔もうれしそうだ。

 水戸桜ノ牧高常北は、1年生3人が加わり14人。3年生8人のうち、高校から野球を始めた5人も奮闘中だ。両校は夏の県大会直前の6月下旬、練習試合を行うことが決まっている。浅野は「リベンジしたい。次は勝ちます!」と意気込んだ。26三振を“財産”に、2校がラストサマーに向かって走り出した。(青柳 明)

 ◆藤田 彪吾(ふじた・ひょうご)

 ★生まれとサイズ 1999年11月9日、茨城・笠間市生まれ。17歳。182センチ、72キロ。50メートル走5秒8。右投右打

 ★球歴 岩間小6年から外野手として野球を始める。岩間中では軟式で投手。試合に出ることを最優先して笠間へ。1年夏に「5番・遊撃」。昨夏は「1番・投手」で先発も8失点し、ともに1回戦敗退

 ★趣味 友達と遊ぶこと

 ★卒業後の夢 野球は続けず理学療法士を目指す

 ★家族 両親と弟2人、妹

 ◆高校野球主な1試合最多奪三振記録(9回試合)

 ▼センバツ 戸田善紀(63年PL学園)21=1回戦対首里

 ▼選手権 松井裕樹(12年桐光学園)22=1回戦対今治西

 ▼軟式選手権 伊藤元洋(06年中京)22=1回戦対開新

 ▼主な地方大会

 荒川巌(59年会津工)26=福島県秋季大会の会津地区大会1回戦対耶麻高野沢校舎

 斎藤勝己(83年日大東北)25=夏の福島県大会3回戦対梁川

最終更新:4/24(月) 11:02

スポーツ報知