ここから本文です

9つのヒントで、作り置きをもっと賢く!

4/23(日) 8:50配信

ELLE ONLINE

手間いらずで簡単!

忙しい平日に、手間いらずで栄養バランスのいい食事を摂るには、作り置きメニューが大活躍! 朝ごはんは短時間で効率的に食べられるし、ランチは時間はもちろんお金も節約することができる。そこで、ヘルシー・フード配達サービス「ザ・ピュア・パッケージ」の設立者であるジェニファー・イルヴァインさんと、食事配達会社「ボディ・シェフ」をサポートするジェーン・リッチーさんに、プロ並みにできる作り置きアイデアを教えてもらった。

作りたい料理との出会いって?

おいしい料理のアイデアやビジュアルにインスパイアされると、食事を作るやる気が奮い立つもの。
「秘訣は、計画を練る時間そのものを作ること。1週間に1度、45分でいいからレシピを読んで、いいなと思った料理を選ぶ時間をスケジュールに入れるといいわ。季節やそのときの気分で、好みの料理本やレシピ集をチョイスしてみて」と、ジェニファーさん。

予算や分量にご用心!

どのくらいの頻度で買い物に行ってる? よく外食をするほう? 予算と同時に、一度にどのくらいの材料を買い物するかべきを考えることも大事、とジェーンさんは言う。「たくさんの材料を買ってしまいがちだけど、週終わりに捨ててしまうこともあるはずよ」

空を見上げて、献立作り!?

ジェニファーさんが言うには、「計画の前に天気予報をチェックすること! 人は天気によって食べたいものが変わるものだから。たとえば、寒い日にサラダはちょっと違うと思うはず。暑い日にシチューもしかり」とのこと。

日曜は、クッキング・デー!

たとえば、ローストチキンが余ったらどうすればいい? 
「少しの材料でたくさんの料理を作って2~3日乗り切る計画を立てたいなら、こんなアイデアがおすすめ。ローストチキンなら、カレーやパイ、パスタの具材に使えるし、野菜や魚料理にも合わせやすい。これで平日の食事は解決よ」と、ジェーンさん。「また、カレーやシチュー、スープのような料理は、週の終わりに余った野菜を入れられるから便利。準備する時間がある日曜に作っておけば、仕事で忙しい平日にすべて食べられるわ。こういった料理は日が経つごとに旨味が増すものだし、必要なビタミンと栄養が豊富なのも魅力」

1/3ページ

最終更新:4/23(日) 8:50
ELLE ONLINE