ここから本文です

クロワッサン最高、カツオに大満足― 球団副社長が明かすマニーの高知生活

4/23(日) 8:20配信

Full-Count

高知・北古味副社長インタビュー、555発強打者の素顔「評判と実際のマニーは大違い」

 四国アイランドリーグplusの高知ファイティングドッグスに、MLB通算555本塁打の超大物打者、マニー・ラミレスが来て、1か月半。入団時の騒ぎは沈静化しているが、マニーの加入によって高知はどんな影響を受けたのか。マニーは今どうしているのか。直接入団交渉に携わり、現在も日本での生活をサポートする高知ファイティングドッグスの北古味潤副社長に聞いた。

日本人最高は…衝撃の総額年俸、これまでのMLB大型契約ランキング

「マニー・ラミレスが日本に来たがっているけど、どう?」

 昨年オフ、北古味副社長にこの話を持ちかけてきたのは、高知の所属選手でもある日系アメリカ人のザック・コルビー内野手(28歳・愛媛-高知)だった。

「どうやらザックが、マニーのインスタグラムに書き込みをしたらしいんです。そうしたらマニーの奥さんが反応をして、話がつながったようです」

 とは言え、具体的な契約の段階まで、なかなか話が進まない。そこで、北古味副社長は、球団オーナーでもある兄の北古味鈴太郎氏と共にアメリカに飛び、直接交渉をしたのだ。

「マニーはドミニカ(共和国)生まれだけど、13歳の時にアメリカに渡っているから、英語で大丈夫だと思ったんですが、なかなか話が進まない。そこで高知出身で、アメリカで働くスペイン語が堪能な女性に通訳をお願いしたところ、話がパッと進んで入団することになったんです。この段階で、韓国や台湾からもオファーがあった。でも、マニーは我々を気に入ってくれたんですね」

 マニーと言えば、メジャーでは大物打者であると同時に、“お騒がせ者”のイメージがあるが、実際に膝を突き合わせて交渉を始めると、その印象は払拭されたという。

「MLB時代はメディアにちゃんと対応しないとか、チームメイトとも仲が良くないとか言われてしましたが、私たちにはすごくフレンドリーでした。彼は英語でのコミュニケーションに苦労をしていたのではないでしょうか。評判と実際のマニーは大違いでした」

1/2ページ

最終更新:4/23(日) 8:36
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/22(火) 22:50