ここから本文です

箱根登山電車に新「アレグラ号」3100形登場、箱根観光より楽しく 急カーブがポイント

4/23(日) 17:10配信

乗りものニュース

「アレグラ」の由来はヨーロッパの山国

 観光地として知られる神奈川県の箱根。同地で行楽客の輸送などを担っている箱根登山電車(箱根登山鉄道)に2017年5月、新たな車両が登場します。

この記事の画像をもっと見る(30枚)

 その名は3100形「アレグラ(ALLEGRA)号」。箱根登山電車が姉妹提携するレーティッシュ鉄道の地元、スイス・グラウビュンデン州における希少言語であるロマンシュ語のあいさつ言葉が「アレグラ」の由来です。

 箱根登山電車ではすでに、3000形「アレグラ号」が2014年11月より走っていますが、このたび登場する3100形「アレグラ号」は、それと基本仕様を同じにしつつも、大きく変わった点があります。

さらに「箱根」を楽しめるようになった3100形「アレグラ号」

 すでに運行されている3000形は、車両の両端に運転席を持つ、1両(単行)運転ができるタイプ。対し新しい3100形は、車両の片側にだけ運転席がある2両編成タイプになっています。1両の3000形と2両の3100形を連結した3両編成での走行も可能です。

 箱根登山鉄道によると、名前も基本仕様も同じ「アレグラ号」ながら、2両編成タイプの3100形は、さらに「箱根登山電車の特徴」を楽しめるようになったといいます。

「天下の険」を実感できる箱根登山電車3100形「アレグラ号」

 2両編成化により、車両端の運転席が片側で不要になるため、3100形では連結部分の窓を乗客用に大型化。そこから箱根の車窓、そして半径30mという急カーブの走行シーンをより楽しめるようになったそうです。

「半径30mのカーブ」というのは、半径30mの円の弧と同じカーブという意味で、一般的な鉄道としてはかなり急。険しい地形を行く“登山電車らしいもの”といえます。

 2両編成の3100形「アレグラ号」では、この急カーブを「く」の字状に折れ曲がりながらクリアしていく場面を、2両の車両が連結している部分、すなわち“列車の折れ曲がった部分”から大きな窓で眺めることが可能。車体をうねらせ、車輪をきしませて「天下の険」箱根を行く旅の情景を、臨場感万点で楽しめるよう配慮されています。

 またこの3100形では、新たに車両前面のスカート部分(車体の下)にライトが搭載されました。急カーブでの視認性向上を目指したものといい、「箱根登山電車らしい装備」といえるかもしれません。

1/2ページ