ここから本文です

元世界1位フェレーロ 5年ぶり復帰、教え子とのペアで複出場<男子テニス>

4/23(日) 16:19配信

tennis365.net

バルセロナ・オープン・バンコ・サバデル

男子テニスで元世界ランク1位のJ・C・フェレーロ(スペイン)が24日開幕のバルセロナ・オープン・バンコ・サバデル(スペイン/バルセロナ、レッド クレー、ATP500)で、5年ぶりにコートに復帰することが判明した。

【ナダル戦で疑惑の大誤審】

錦織圭もシングルスで出場予定だったバルセロナ・オープンのドローにサプライズ発表があった。2003年の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)覇者のフェレーロが大会参加の招待を受け入れ、ダブルスに世界19位のP・カレノ=ブスタ(スペイン)とペアを組み、ワイルドカードで出場する。1回戦はM・マトコウスキー(ポーランド)/ D・ネスター(カナダ)組と対戦。順当に勝ち上がった場合、2回戦ではJ・マレー(英国)/ B・ソアレス(ブラジル)組と顔を合わせる。

フェレーロは、2012年10月のバレンシア・オープン(スペイン/バレンシア、ハード、ATP500)を最後に32歳で現役を引退していた。

現役時代には16度のタイトルを獲得。2003年の全仏オープンで四大大会初の優勝を飾り、同年の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)でも準優勝を果たした。通算戦績は479勝262敗。

フェレーロは引退後、アカデミーを運営しており、世界各地の大会運営にも参画。25歳のカレノ=ブスタはアカデミーの生徒の1人であり、カレノ=ブスタにとって同胞のフェレーロはアイドルの1人である。

なお、シングルスに第2シードで出場予定だった錦織圭は22日、右手首の負傷を理由に同大会の欠場を発表。同日の練習中にマイアミ・オープンで痛めた右手首の痛みが再発し、今後は拠点のフロリダに戻って療養する予定。

tennis365.net

最終更新:4/23(日) 16:19
tennis365.net