ここから本文です

背信投球のホークス大隣がファーム再調整へ 投手コーチ「重心の位置が高い」

4/23(日) 10:18配信

Full-Count

「2軍では通用したかもしれないけど、上ではダメだった」

 背信の投球となってしまった。22日の楽天戦(ヤフオクD)。今季初先発となったソフトバンクの大隣憲司投手が炎上した。

期待の若手を多数輩出、ソフトバンクここ10年のドラフト指名選手一覧

 初回にいきなり3点を奪われると、3回にはアマダーに左翼席へのソロを被弾。4回には嶋に今季1号のソロを、さらにペゲーロにも右翼へアーチをかけられた。4回途中で9安打6失点を喫し、ノックアウト。「こんな試合展開になってしまい、申し訳ないです。自分の優位なカウントを作れずに、甘い球を仕留められた」と反省の弁を述べた左腕。試合後に、ファームでの再調整が決まった。

 今季は開幕ローテから漏れたが、2軍ではウエスタンリーグ3試合に投げて防御率1.00。和田、武田と先発陣に故障が相次ぐチーム状態に、救世主として期待された。だが、巡ってきたチャンスで結果を残せず「下でも抑える配球でやってきたけど、上ではそう簡単には通用しなかった。2軍では通用したかもしれないけど、上ではダメだった」とうなだれた。

 球速自体は速くないが、キレとコントロールが武器の大隣。だが、この日はその持ち味が狂った。ボールが先行し、苦しいカウントとなり、甘くなったところを痛打された。その原因を、佐藤義則投手コーチは「いい時に比べると重心の位置が高い。球持ちも悪くなるから、打者の手元でピュッと来ない」と指摘した。

「こんなに打たれるとは思ってなかったからショックはあるけど、落ち込んでいる時間はない」と大隣。登録を抹消されている和田、武田は長期離脱となる見込みで、台所事情が苦しいのは変わらない。一刻も早く、本来の姿を取り戻したいところだ。

福谷佑介●文 text by Yusuke Fukutani

最終更新:4/23(日) 10:18
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9/24(日) 6:05