ここから本文です

バルセロナ、来季の指揮官は“超攻撃的フットボールの提唱者”か

4/23(日) 12:30配信

theWORLD(ザ・ワールド)

ヨーロッパを席巻する名将

リーグアンの名門モナコを指揮するレオナルド・ジャルディム監督が、華麗なるステップアップを果たすことになるかもしれない。

フランスリーグにおける優勝争いや、チャンピオンズリーグベスト4進出など、今季のモナコはヨーロッパを股にかけて輝きを放ち続けている。ベルナルド・シウバやファビーニョによる想像性溢れるゲームメイクから、キリアン・ムバッペとラダメル・ファルカオの貪欲なフィニッシュ。そんな魅力に満ちたチームを作り上げたジャルディム監督に対し、世界最強軍団バルセロナが熱視線を浴びせているとポルトガル『A Bola』が報じた。同紙曰く、バルセロナは同監督をルイス・エンリケの有力な後任候補に位置付けており、そのプライオリティーはエルネスト・バルベルデやホルヘ・サンパオリといった後任候補らよりも高いという。もちろんこの攻撃的フットボールの提唱者とのサインを望んでいるのはバルセロナだけでなく、インテルやアーセナルなども招聘に動いており、壮絶な引き抜き競争が勃発する可能性もある。

チャンピオンズリーグ準決勝ではイタリアの強豪ユヴェントスと対決することが決まったモナコだが、ジャルディムとの冒険は来季も続くことになるだろうか。今後の展開に注目だ。

http://www.theworldmagazine.jp

スポーツナビ サッカー情報