ここから本文です

中村俊輔の“セルティック優勝決定弾“からちょうど10年 鹿島戦のスーパーゴールに英紙も思わず反応

4/23(日) 17:40配信

theWORLD(ザ・ワールド)

色褪せぬ左足

現在ジュビロ磐田でプレイする元日本代表MF中村俊輔の才能は実に恐ろしい。

中村は22日に行われた鹿島アントラーズ戦に先発すると、前半21分に得点を記録。相手のクリアボールに反応すると、ダイレクトで強烈なシュートを突き刺してみせた。日本サッカー界最高の左足と呼ばれるにふさわしい強烈なシュートで、コースも完璧。38歳の選手とは思えないスーパーゴールだった。

小野伸二、古巣ホームに帰還し「レッズでの経験は最高の宝」

これには英『The Scottish Sun』も反応している。中村はセルティックの英雄だが、同メディアが思い出したのはちょうど10年前の記憶だ。10年前の2007年4月22日、セルティックはキルマーノック戦に勝てば国内リーグ制覇が決定する状況にあった。しかし1-1のまま試合は終盤に突入。それを救ったのが中村だ。

中村はお得意のフリーキックからゴール左隅に正確なシュート。相手GKは一歩も反応できず、このゴールでセルティックの優勝が決まった。今回の磐田戦はそれからちょうど10年後ということになり、同メディアは磐田戦のスーパーゴールから日本の天才がセルティックにタイトルをもたらしたことを思い出したようだ。

10年も経てばスピードなどあらゆるところに衰えは出てくるものだが、左足の精度とゲームメイク能力はピーク時から何も変わっていないように見える。今でも中村の左足は世界を魅了しているのだろう。

http://www.theworldmagazine.jp/