ここから本文です

ソフトB、楽天“代理”先発・戸村を打てず 工藤監督「的が絞りにくかった」

4/23(日) 18:24配信

Full-Count

試合前に岸の登板回避を伝えられ「どうしたらいいのかわからなかった」

 23日、ソフトバンクは楽天に1-2の惜敗を喫し、仙台に続いてこのカードも負け越した。試合開始直前に楽天の岸孝之が腰の不調を訴えて登板を回避。緊急先発となった戸村健次を打線が打ちあぐね、首位相手に痛い連敗となった。

【試合ハイライト動画】戸村健次がスクランブル先発で見せた6回途中無失点の好投

 試合前の監督によるメンバー表交換が、いつも以上に長引いていた。予告先発の岸が、突然の登板回避で、急遽戸村の先発が伝えられた。工藤監督も「初めてだったので、どうしていいのかわからなかった」と戸惑い、「(岸と同じ)右が投げるというから、こっちのメンバーは変えずにいきます」と伝えたという。

 しかし、その“代理”先発の戸村に抑え込まれ、今季初先発での初白星を献上してしまった。工藤監督は「こっちから見ると(球が)ばらけていて、的が絞りにくかった」と、戸村の投球を振り返る。

絶不調の松田には「練習しかない」

 8回には1点差に追い上げ、なおも2死満塁の好機を作ったが松田宣浩が内野ゴロ。松田はこの日も4打数ノーヒット。2回の無死二塁の場面では空振り三振で走者を進塁させることもできなかった。打率は再び2割を切るなど絶不調だ。

 工藤監督は松田について「シーズンに入ればそういう時もある。そこをね…取り戻すのも練習しかない」とかばったが、一番の元気印の不調がチームに及ぼす影響は少なくはない。明石健志が1軍に戻りスタメンで1安打、川崎宗則の1軍昇格にメドがついてきた中で、指揮官が新たな一手を打つ可能性は否定できないだろう。

 また、先発の寺原隼人は4回途中2失点。その後はリリーフ陣がしっかりと楽天打線を抑えたことについて「寺原くんは良かったよ。結果的に9回で(失点が)2点だから、ピッチャーについて今日は言うことはない」と締めくくった。

藤浦一都●文 text by Kazuto Fujiura

最終更新:4/23(日) 18:38
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/18(金) 3:50