ここから本文です

ヴェンゲル、まさかの“ゴール前にバス停車”戦術を敢行 マンCは何も出来ぬまま後半へ

4/23(日) 23:49配信

theWORLD(ザ・ワールド)

自陣バイタルエリアを完全封鎖

現地時間23日にイングランド・FAカップ準決勝が行われ、アーセナルがマンチェスター・シティ(以下マンC)と対戦した。

直近のリーグ戦と同様、[3-4-2-1]の布陣を採用したアーセナル。マンCにボールを支配される時間が続いたものの、最終ラインの3人とセントラルMFで自陣バイタルエリアを封鎖する戦術が機能し、チャンスを作らせない。15分こそシルバに危険なヘディングシュートを許したが、GKチェフのファインセーブで失点を免れた。

一方のマンCは23分にシルバが負傷交代を余儀なくされるなど、出鼻をくじかれる展開に。39分にはスターリングのシュートがゴールネットを揺らしたが、サネの浮き球のクロスがゴールラインを割っていたと判断され、得点は認められなかった。アーセナルがほぼゲームプラン通りに試合を進め、両チームとも無得点で前半を終える。

[メンバー]

アーセナル:チェフ、ガブリエウ、コシェルニー、ホールディング、チェンバレン、ラムジー、ジャカ、モンレアル、エジル、サンチェス、ジルー

マンC:ブラボ、ナバス、コンパニ、オタメンディ、クリシー、フェルナンジーニョ、トゥレ、デ・ブライネ、シルバ(→スターリング 23)、サネ、アグエロ

[スコア]

アーセナル 0-0 マンC

前半終了時点

http://www.theworldmagazine.jp/

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合