ここから本文です

ラプターズが2勝目、ホークスはウィザーズに初勝利/プレーオフ1回戦

4/23(日) 15:10配信

バスケットボールキング

 4月23日(現地時間22日)にNBAプレーオフ1回戦第3、4戦が各地で行われた。

 イースタンカンファレンス3位のトロント・ラプターズは敵地で同6位のミルウォーキー・バックスを下し、シリーズ対戦成績を2勝2敗の五分に戻した。第1クォーターを19-19、第2クォーターを22-22と拮抗した展開で終え、41-41の同点で第3クォーターに突入。一進一退の攻防が続く中、同クォーター残り5分39秒にカイル・ラウリーがレイアップを決めて54-53と1点リードすると、同5分9秒にデマー・デローザンがドライブからダンクを叩きこんで56-53に。さらに同4分39秒にデローザンのアシストからノーマン・パウエルが3ポイントシュートを沈め、同4分7秒にはヨナス・バランチュナスがシュートを決めて9-0のランを作り、61-53とリードを広げる。ここで流れをつかんだラプターズは64-58と6点のリードを奪いこのクォーターを終えると、最終クォーターも主導権を握って点差を広げ、87-76で勝ちきった。デローザンは33得点5アシスト9リバウンド4スティールと攻守で大活躍した。

 イースタンカンファレンス5位のアトランタ・ホークスはホームで同4位のワシントン・ウィザーズを撃破し、シリーズ対戦成績を1勝2敗とした。試合序盤からポール・ミルサップがインサイドで順調に得点を積みあげると、トリアン・プリンス、デニス・シュローダーも内外から積極的に攻撃を仕掛け、最初の12分間で38-20と大量リード。第2クォーター以降は、ジョン・ウォールを中心に攻撃を組み立てる相手に、互角の勝負を強いられるものの、第1クォーターの点差を覆されるには至らず、最終スコア116-98の18点差でホークスが快勝した。ミルサップが29得点14リバウンド5アシスト、シュローダーが27得点9アシストを挙げてチームをけん引した。

【試合結果】
ミルウォーキー・バックス 76-87 トロント・ラプターズ

アトランタ・ホークス 116-98 ワシントン・ウィザーズ

BASKETBALL KING