ここから本文です

指原莉乃がAKB48総選挙への本心をぶっちゃけ。「早く勝ち逃げしたいです」

4/23(日) 19:15配信

E-TALENTBANK

21日放送の日本テレビ系「内村カメラ」で、HKT48の指原莉乃が秋元康にAKB48選抜総選挙についての本音を言い放つ場面があった。

番組は定点カメラの前で街ゆく人にお題に挑戦してもらうというもので、最初のテーマは「即興ラップで日頃のストレスを発散してください」だった。

新橋や大阪の街角で一般人がラップをする様子をVTRで見ていた出演者たちだったが、スタジオでもルーレットで指名された人物がラップに挑戦することになった。そこで選ばれた指原は「うわー! 私ー!?」と頭を抱えつつもラップをするためにスタジオセットの外にあるカメラの前に移動した。

内村が「それではお願いします」と促すと音楽が流れはじめ、指原はいきなり「おい、秋元康」と呼び捨てでラップを切り出してスタジオを驚かせ、さらに「秋元 お前に言ってるぞ 秋元康」と続けた。

そして切れ味良く「そ・ろ・そ・ろ 総選挙やめろ!」と言い放ち、最後に指原は「もういいだろ! そろそろ解放しておくれ!!」と締めくくるとスタジオに拍手と歓声が巻き起こった。

これを聞いた内村は「やっぱりねえ……指原はトップのままで終わりたいんだ」「プレッシャーあるよな」とコメントすると、指原は「ありますよ、もー。早く勝ち逃げしたいです」とぶっちゃけ発言でスタジオの笑いを誘っていた。

指原は以前にもトーク番組で今年度のAKB48選抜総選挙への参加を最後にしたいのだとして「若手のファンの人から指原とかが出てると順位が変わらなくてつまらないと言われて、しんどいんで」と、心境を吐露していた。

株式会社イータレントバンク

最終更新:4/23(日) 19:15
E-TALENTBANK