ここから本文です

うるま市長選:現職の島袋俊夫氏が当選確実 翁長知事支援の新人破る

4/23(日) 22:40配信

沖縄タイムス

 任期満了に伴う沖縄県うるま市長選は23日投開票され、現職の島袋俊夫氏(64)=無所属、自民、公明推薦=が、3期目の当選を確実にした。

 4年前の市長選は無投票だったため、2005年の2市2町合併後2度目で8年ぶりの選挙となり、市政刷新を掲げた新人で前県議の山内末子氏との一騎打ちとなっていた。

 選挙戦で、島袋氏は経済振興や教育環境の整備など、2期8年の実績をアピールし、市政の継続を強調し支持を訴えていた。

 島袋俊夫(しまぶく・としお) 1952年生まれ、市天願出身。沖縄国際短期大学卒。90年から旧具志川市議やうるま市議を5期務めた。2009年に市長選へ出馬し、初当選。13年に無投票で再選された。

最終更新:4/23(日) 22:50
沖縄タイムス