ここから本文です

前田健太、自己最悪4被弾&6失点で2敗目 Dバックス戦は先週と合わせ10失点

4/23(日) 12:31配信

ベースボールキング

○ ダイヤモンドバックス 11 - 5 ドジャース ●
<現地時間4月22日 チェース・フィールド>

 ドジャースの前田健太が22日(日本時間23日)、敵地でのダイヤモンドバックス戦に先発登板したが、自己ワーストとなる4被弾で6点を失い、今季2敗目(1勝)を喫した。

 ドジャースは1回表、1番ヘルナンデスが先頭打者弾を放ち先制。前田は援護を受け前回登板と同じダイヤモンドバックス打線と対峙したが、二死二塁から4番ラムに初球の甘くなった直球を右翼席へ運ばれた。

 あっさりと逆転を許してしまった前田は、続く5番トマスにも右翼席へのソロ弾を浴び3失点目。初回からいきなり2者連続弾を浴びると、1点ビハインドの4回にも2ラン、2-5で迎えた5回は、トマスにこの試合2本目となるソロ本塁打を浴び6点目を失った。

 前田は6回表の打席で代打を送られ降板。この試合は5回83球を投げ、自己ワーストの4被弾を含む9安打で6失点。15日(同16日)の前回登板もダイヤモンドバックス相手に4回4失点と崩れており、2週連続で同じ相手に計5被弾で10失点。今季の防御率は8.05まで悪化した。

 ドジャースは前日に5回途中4失点で降板したウッドに続き、2戦連続で先発投手が誤算。前日の13失点に続く2ケタ失点で連敗を喫した。

BASEBALL KING

スポーツナビ 野球情報