ここから本文です

ベートーベンスイーツ完成 辻口さん監修

4/23(日) 1:49配信

北國新聞社

 「いしかわ・金沢風と緑の楽都(がくと)音楽祭」(本社特別協力)の特製スイーツが完成した。テーマであるベートーベンの楽曲を題材にしたタルトとケーキで、七尾市出身のパティシエ辻口博啓さんが監修した。28日~5月5日の期間中、会場となる金沢市の石川県立音楽堂などで販売される。

 特製スイーツは交響曲第6番「田園」と第9番「歓喜の歌」をイメージして創作した。「田園」はタルト生地にチョコレートガナッシュ、フランボワーズ、抹茶風味のチーズクリームを重ねて焼き上げた。「歓喜」はデコポンの皮を混ぜた生地に、果汁を使ったホワイトチョコレートのムースなどを挟んだケーキで、爽やかな味わいに仕上げた。

 「田園」は1個300円、「歓喜」は1ホール1800円となる。

北國新聞社

最終更新:4/23(日) 1:49
北國新聞社